安い通信講座・通信教育の予備校比較

安い通信講座・通学比較

スポンサードリンク

費用対効果の高い資格ランキング

簿記検定

 

 

簿記を勉強すれば企業の経営・財政状態を把握することができるようになり、社内で評価されるようになります。(企業によって昇給・ボーナス査定・資格手当など)特に経理部で働きたい方にとって必須の能力で、取得しておけば採用試験の時にアピールすることができます。財務諸表が読める人材は経営戦略を立てやすいので、経営者はもちろん、誰でも取得してメリットのある資格だと思います。難易度もそれほど高くなく、3・2級共に努力次第では数か月で合格することも十分可能です。費用対効果は抜群です。

 

簿記2級簿記3級の安い講座

公務員試験

 

 

不況に強い職業と言えば公務員です。国家公務員・地方公務員に分かれるのですが、年収で言えば地方公務員、安定性で言えば国家公務員にメリットが大きい傾向があります。合格後の給与・社会的地位を考えると下手な資格を数種類取得するより、はるかに費用対効果が高いと言えます。40代・50代でも社会人経験者採用・民間企業職務経験者採用などの名称で試験を実施しているので、公務員に転職するのもアリだと思います。

 

公務員の安い講座比較

宅地建物取引主任者(宅建)

 

 

宅建と言えば不動産業界では必須とも呼ばれる超メジャーな国家資格です。毎年受験者数は20万近くいるマンモス試験。大手では宅建は取得して当たり前という考えの会社が多いのですが、中小の不動産業界では重宝される傾向があり、資格手当を支給してくれるケースも多く、不動産会社のキャリアアップとしては最適な資格と言えます。不動産会社に就職・転職したい学生・社会人を取っておきたい資格です。

 

宅建の安い講座比較

行政書士

 

 

正直言えば、就職・転職にはそれほど強くない資格です。行政書士は様々な資格比較サイトで優良とされていますが、それは独立開業向きの目線で解説していることがほとんどです。少ない資金で一国の主としてビジネスを始めることができ、努力次第で高収入を得ることができるということで、人気があります。相性の良い資格に宅建・司法書士・社会保険労務士があります。

 

行政書士の安い講座比較

司法書士

 

 

超難関資格で、通信講座・通学講座に通えば相当な費用が掛かります。独学では対策を立てにくいのも事実、受験者で予備校に通う方は非常に多い資格です。しかし、費用効果の高い資格の1つだと言えます。確かに数年単位の学習期間を要しますが、取得後は比較的開業しやすく、登記の専門家としての社会的需要は多く、年収も高い傾向があります。

 

司法書士の安い講座比較

公務員試験予備校比較ランキングサイト

高卒・大卒・社会人の公務員試験対策予備校・スクールの比較ランキングを掲載しているサイトです。日本全国の公務員講座設置予備校・通信講座比較ランキングも見ることができます。サイトと提携している公務員予備校は全て評判・口コミ評価の高い大手ですので、安心して講座を選ぶことができるはずです。

 

公務員通信・通学講座安いの比較

スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ